2014年7月21日月曜日

ゲームの限界 ―すぐ飽きる

ゲームの限界 ―すぐ飽きる

最近、「信長の野望 天翔記」というゲームにはまっていた。ある時は寝ずにゲームをしたり、プレイしていたらいつの間にか朝になっていたりしたこともあった。この時に、このゲームの中毒性に驚いたり、このソフトを開発した人に対して尊敬の念を感じたこともあった。しかし、そのような生活をして三日目で、ついに飽きた。

今日も自分が設定したゲーム開始時間にゲームをしだした。プレイしていてどうも面白く無い。それ以前に感じた面白さはどこに行ってしまったのか。

iPadやパソコンのゲームでもそうだが、ゲームが続いたことがない。いつも必ず飽きる。そうわかっているものの、ゲームアプリなんかを購入してしまう。加えて、一度飽きても再びインストールしてプレイして飽きる。このサイクルを続ける時がある。

2014年7月8日火曜日

履歴書を自分で作成 --- Office for Mac を使用して(1)

履歴書を自分で作成 -- Office for Mac を使用して(1)

最近まで就職活動をしていたこともあり、よく履歴書やエントリーシートを書いた。その大半が手書きで作成したが、パソコン作成可の企業も一部あった。ここで言う「パソコン作成」とは、企業からExcelやWordファイルをダウンロードして、パソコンで入力し、印刷することを指す。

ダウンロードしたファイルの大半はExcelだった。Wordは少なかった。これは世間一般のことだと思う。以前にtwitterで「Excel文書」なるワードが人気になったことがあった。ビジネスの世界では常識らしいが、Excleで方眼紙を作成し、そこに文字を入力する。実際に私もExcel履歴書に入力したことがあるが、慣れないせいか、非常に面倒な作業だった。やっとのことで入力し終えたとしても、印刷が上手くいかない。文章のしっぽが切れていたことが多々あった。このようなこともあってか、一部の人にはExcel文書は忌避されている。

ここで疑問に思うのが、なぜ文章を文章作成ソフトのWordで作成しないのか。ググってみると、Wordは扱うのが難しいらしく、実際に自分もやってみたが面倒で難しかった。しかし、だからといってExcelで文章を作成するのもバカバカしい。だからWordを勉強することにした。そこで最初の課題として、履歴書を作成してみた。

実はこの文章を書く前に履歴書を作成した。作成といっても既にある大学指定の履歴書をWordで自分が作成し、再現をした。何度も作成するにつれて、やり方を覚え、原本に除々に近くなっていき、最終的にほぼコピーができた。

この場でその作成した履歴書を見せたいのだが、恐らく著作権や大学名が判明するので、そのようなことは避けたい。したがって、テンプレートの履歴書をダウンロードし、それを再現することを行う予定です。そしてそれをこちらでアップして行きたいと思います。

-------------------
とある企業の面接官の質問
「パソコンで履歴書を作成されていますが、どうしてですか。」


次回は概要

2014年6月15日日曜日

新聞を買いに行く意味

以前新聞を定期購読していた。一番安い産経新聞を購読していて、毎日朝配達してもらっていた。そして最近までiPadの「産経新聞HD」で新聞を読んでいた。

しかし、実際毎日、新聞を読んでいなかった。紙媒体の時は週末にまとめて読もうとしても、結局読まないことが多々あった。また電子版でも同様のことがあった。

現在就職活動をしているのだが、最近受けた面接で面接官から最後に助言を頂いた。
「毎日、新聞を読むこと」

そこで最近は最寄りのコンビニで新聞を購読している。休みの日はわざわざ5分程歩いたところにあるコンビニで購入している。

やはり、わざわざ歩いて購入した新聞を自動的に読むようになった。

新聞を届けてくれたり、iPadでダウンロードできたりすることは非常に便利だが、新聞を読む習慣がない私にとっては、自分で購入することが一番良い方法である。

2014年1月25日土曜日

東京都知事選について - 都議会議員に対する疑問

 東京都知事選が公示されました。私は都民ではありませんが、日本の首都である東京のトップを決める選挙は重要です。したがって都民でもないけど興味があります。

 先日NHKの19時半から始まった番組で都知事選を特集していた。一部の候補者に対してアンケートを行い、それを伝えていた。夕食を食べながら、候補者の政策を聞いていたが、あまり関心せず薄っぺらい印象を受けた。確かに数行で政策を深く伝えることは難しい。しかしある疑問が浮かぶ。何故都議会議員が出馬しないのか。都議会議員の方が東京都の現状や都政を把握しているように思える。なぜなら彼らがそれが生業だからだ。

 候補者の政策を聞いても、それが熟考されたものではない印象を受ける。そもそも本来前の都知事が金銭問題が発覚する前からだれも辞職することは予想できなかったと思う。だから都知事が辞めて出馬しようとし、急に政策を考えたのではないか。
 そのように考えると、常日頃都政に関係している都議会議員の方が、政策に説得力が増すのではないでしょうか。

それにしても、都民でなくて良かった。こんなくだらない選挙に投票したくない。

2014年1月19日日曜日

メモリ増設とHDD交換の費用

最近パソコンの部品を交換・増設した内容を投稿した。

 HDD交換とerror: out of disk
 メモリ増設

これらパソコン増強の費用を記したい。

メモリ

  • メーカー: I-O DATA 
  • 型番: SDD333-1G/EC 
  • 値段:3,932円
  • 購入場所:Amazon

このメモリを2枚購入したので、
3,932 * 2 = 7,864円

HDD

  • メーカー:WesternDigital
  • 型番:不明(今のところわからない)
  • 値段:11,480円
  • 購入場所:ビックカメラ
合計
 7,864 + 11,480 = 19,344円


所感

当初パソコンが重くて何度もフリーズするため、パソコンの購入を検討したことがある。しかし自分が知っているだけでも、安くて3万円ぐらいした。それを購入しようとしたが、そもそもネット・メール、ちょっとOffice系を使用するだけなので購入する必要はないと思った。
結果的に、パソコンを購入せず、増強して良かったと思う。増設作業自体は簡単だった。しかしブートで時間がかかったが良い経験ができた。

メモリ増設

こんなに簡単な作業で、パソコンがさくさくになるとは。
メモリの増設(または交換)作業はすぐに終わった。

経緯

  1. MicrosoftのTablet PCのCMを見て嫌悪感を覚える。
  2. これからはLinuxだと思う。
  3. ノートパソコンを押入れから出す。
  4. HDDを交換し、Ubuntuをブート。 (前回の記事
  5. パソコンが重い。フリーズばっかり。
以上の結果、メモリを交換しようと決心した。

スペック

  • NEC LaVie LL700/ED
  • OS: Windows XP
  • CPU : Intel Celeron M プロセッサ370(1.50GHz)
  • メモリ : 512MB 
  • スロット数 : 2スロット
  • ドライブ :約80GB(Ultra ATA-100) IDE

メモリ

メモリはAmazonで購入した。
購入したメモリは、
I-O DATA SDD333-1G/EC
値段は3,932円。

購入上の注意点

購入する前に適切なメモリを選ぶために調べる必要があります。私はI-O DATAのサイトで調べました。PCの型番等を入力して、パソコンにあったメモリを確認します。
あとはAmazonで検索して購入。

増設(交換方法)

増設方法はぐぐれば検索結果は沢山あります。どうやら静電気に注意しなければいけないようです。

所感

  • 増設作業は簡単
  • パソコンがサクサク(以前はソフトウェアセンターでお陀仏)
  • 費用があまりかからない。
以上


HDD交換と "error: out of disk"

最近HDDを交換した。

経緯

  1. Windows tabletのCMを見て嫌悪感を覚えた。
  2. これからはLinuxだと思い込む。
  3. 昔のノートパソコンを押入れから出して、Ubuntuをブートする。
  4. 起動後、HDDにバットセクタがあると警告してくる。
  5. 直し方がわからないし、調べたら面倒。
  6. 容量も少ないし、HDDを換えてみたかった。
以上が、HDDを交換しようと思った経緯です。

スペック

  • NEC LaVie LL700/ED
  • OS: Windows XP
  • CPU : Intel Celeron M プロセッサ370(1.50GHz)
  • メモリ : 512MB 
  • スロット数 : 2スロット
  • ドライブ :約80GB(Ultra ATA-100) IDE
このHDDを80GBから250GBに交換しました。

問題

HDDを交換し、興奮しながらパソコンを起動。そしてBIOSで容量が増えているのを確認する。
Ubuntuのインストールディスクを入れて、ブートを行う。
パーティッションの所で250GBになっている。さらに興奮してきた。パーティッションは複雑な設定を行わず、インストールをした。

ブートが終了し、パソコンが再起動する。しかし、以下のメッセージが表示された。

error: out of disk
grub rescue >

このメッセージは以前見たことがなる。その時はout of diskではなかったが。その時の対処方法を思い出し、もう一度ブートした。しかし何度ブートすれども、うまく行かない。

ぐぐってみて、なんとかやってみるが、うまく行かず。
error: out of disk
grub rescue > ls
(hd0) (hd0,msdos1)(fdo)
grub rescue > .......

何をやってもだめで悩んでいたら、ある記述が目に入った。つまり、HDDの容量制限があるということ。そういえば、BIOSで容量を確認したとき、250GBなのに137GBとなっていた。これを知ってあることを試した。

まずブートした際にパーティッションを詳細に設定する。250GBから137GBに設定する。加えてスワップ等を設定する。

以上を行ったら、無事に起動できた。その時、とても嬉しかった。

まとめると、今回の問題はHDDの容量制限でした。

しかし無事ブートすることができたが、パソコンをいじっていると何度もフリーズする。そこでメモリを増設することに決めた。